マンション修繕工事を考えている方が参考としたい情報

サイトマップ

マンションと作業員

専門業者ではマンション工事の最適なアドバイスが受けられます

修繕工事

マンションを良い状態に維持したいのであれば定期的な修繕工事が必要となってきます。マンションの修繕工事を怠るとすぐにマンションの壁といったコンクリート部分が剥がれ、場合によっては通行人や住人に当たって大惨事に発展する可能性があります。更にマンションのエレベータやエスカレータなどの設備も故障にもつながるため、定期的なメンテナンスや修繕を行うことが求められます。
しかしながら、マンションの修繕工事には多額な費用が掛かり、マンションの状態によっては金額は莫大になります。このため、費用は毎月の賃貸収益などから積立形式にて費用を賄う場合が多く、修繕工事も専門業者へ依頼すると安心です。専門業者の多くはマンションの建設メーカーや不動産事業者などが請け負っている業者になり、これまでのマンションの建築や経営ノウハウが蓄積されているので、マンション修繕費用の対してのアドバイスも行ってくれます。特に不動産事業者などは代行業務も請け負っているので、賃貸料金などを収集すると同時に修繕にかかる費用の積み立ても代行して行ってくれるので、安心して費用を捻出することが可能です。また、専門業者によっては保険なども提供しており、莫大な金額になってしまった場合に保証制度もあるので活用すると良いです。

修繕のためのマンション工事の期間と必要になりやすい箇所とは

マンションのオーナーの方は、その資産価値を維持していくためにも定期的に修繕工事を行っていく必要があります。マンションなどの建物の場合は大規模修繕になり期間も長くなりがちですが、見た目の悪さや各所の劣化は放置できず、避けては通れないのが修繕工事です。では新築からどれくらいの周期で、マンションの修繕工事を行っていけば良いのでしょうか。
一般的にこの周期は10年前後が目安となっていて、国土交通省が推奨する目安は12年とされています。これはあくまでも目安ですが、確かに一般の住宅でも築10年過ぎれば、各所で不具合や劣化が目立つようになってきます。マンションの場合でも同様に考えて、早目の計画や実施が望まれるでしょう。マンションの場合、特に修繕工事が必要になる箇所は、一般住宅と同様に外壁部分です。
直射日光や雨風により影響を受けやすい部分で、ひび割れなどが発生してしまうと建物としての安全性や雨の浸食が懸念されます。信頼できる大規模修繕の実績がある専門業者へ依頼して、外壁塗装はじめ必要な箇所の修繕を行っていきましょう。大規模修繕の場合は専門業者間の費用差が出やすい傾向があります。事前に数社から見積もりをとり、費用面でもサービス面でも納得できる業者を決めていきましょう。

マンション工事には相見積もりを取るのが重要です

マンションは、管理状態が良ければ100年は住めると言われています。その管理を良好にするためには、修繕工事を計画的に行うことが必要です。マンションの痛みが目立たないとか、汚れもないとかの理由で、修繕工事をしないまま、5年や10年などの長期にわたって放置していると、知らずに建物の損傷が進行します。ある日突然、建物が崩れたり、給水管が破裂するなどの大事故が起こりかねません。
マンションの修繕工事は、専門業者へ依頼して行うのが一般的です。その場合には、何社かの業者に、事前に建物調査を依頼し見積もりをとって、金額と工事内容を比較してから、専門業者を選ぶことをおすすめします。
なぜなら、工事代金には、定価がありません。同じ工事内容であっても、工事代金が100万や1,000万単位の差がでることも珍しくありません。
また、修繕工事の見積もりは、細かい工事内容ごとの内訳書も作成してもらうことも大切です。建築の知識や経験の無い、ごく普通の大家さんは、個々の工事の内容を理解するのは難しいのですが、数社の見積もりを比較すれば、素人でもおおよその相場がわかります。そして、工事内容や金額の差については、遠慮なく質問しましょう。
事前の建物調査や見積もりの内容と金額、見積もりについての質問への応対を総合的に勘案して、最も信頼できる専門業者を選ぶことが、コストパフォーマンスのいい、良好なマンション管理を可能となります。


マンションの老朽化が進んだら修繕工事の専門業者【株式会社栄光】を利用してみてはいかがでしょうか!アフターサービスも充実していますよ!

オススメ記事

記事一覧へ

Copyright © 2019 マンション修繕工事を考えている方が参考としたい情報 All Rights Reserved.